読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田の日記

外資系消費財メーカーから情報サービス系企業に身を移し平民として働いてる中の人のブログ

人を育てるということ

どの会社でも同様だと思うのですが、あらためて日々現場レベルで表題に関して課題として捉えております。自分の目線を上げ、業務領域をどんどん広げるには、誰かを育てる以外にはありえないので、本当にひしひしと毎日どうにか出来ないかと悩んでおります。

また、最近の自分の中の変化は、自分の成長を望むというよりは、自分自身が褒められて二流以下で、自分の社員・部下が褒められて一流と思い始めるようになってきました。ということで今の自分は自分もそんなにプレーヤーとして出来ないので、三流以下と自負しながら、日々研鑽しております。

 

メモ的ですが、個人的に後輩や部下を成長をさせるために、意識して取り組んでいることをさらっと記述。(もっと考えられるようにしたいなー。。。。)

 

1.自分事化への一歩

 Lやってもらう仕事の意義と意味付けの指針提示

新入社員等のプレーヤーが、はじめてやる業務に対して彼らがその仕事の意義や意味を自分から見出せない場合が多々あります。

なぜなら、たいていの仕事は、仕組み化されているつまらない業務か、粒度の小さい業務で取るに足らないと感じたりするのも無理もありません。

しかしながら、その業務が会社に存在するという事は、少なくともその時点の会社にとって意味のある業務ということになります。(無論、形骸化した業務は存在しますが、その様な業務はすぐに除去するべきです)

その仕事をやることでその人が得られる物や経験などのメリット、会社としてのその業務の重要性を伝達するのがマネージャーの役割だと思っております。

 

 L組織として、本人を重要としていることを示す

上記のような業務をやるのはなぜ自分である必要なのかという事も合わせて提示しなければいけないと考えております。業務の意義だけ伝えても金太郎飴の様に誰でもこの業務をやるのは良いのかという事を感じてしまい、やる気をそがれます。なので、その人だからこそできるという事を示してあげる必要がございます。

 

 Lマクロマネジメント

部下・後輩を認めるために、部下・後輩を信じて、一定の権限委譲をし、考えて行動させる必要がございます。リクルートの場合などは「お前はどうしたいんだ?」ということを徹底して聞かれ、実際にそれを任されたりします。勿論この際にフォローに入り、一定のアドバイスをしながら、サポートします。

 

 L成功体験に導く為のミッション

失敗も勿論重要ですが、本人にとって小さな体験でも良いので、成功体験をさせることは重要です。なぜならば小さな成功体験を通じて、組織・人から承認されたと感じられます。この承認によって、本人のモチベーションが高まりパフォーマンスがさらに良くなると感じております。 

 

2.失敗への寛容さ

 Lチャレンジへの賛美

よくある話ですが、チャレンジすることに対して、賛美がなければ誰も積極的に冒険をしなくなります。

 

 L失敗の許容

賛美と合わせてですが、失敗に厳しければ組織はどんどん保守的に向かっていきます。保守的に向かうことで、組織を変える力を持ったプレイヤーの成長を止めてしまいます。そんな彼らの意欲を削がないためにも失敗には寛容になる必要があると思っております。

 

3.問うといこと

 L徹底して成果物に対して問う

 *この際、本人への攻撃はご法度

本来、上司というものが介在しなくても組織が回っている状態が私自身は、一番良いのではと考えております。その為に、私自身が観点与えるというよりは「本当にこの成果物で良いのか?本当にこれは君の最高のアウトプットなのか?」「なぜこれが最高といえるのか?」という発言を最近ではしております。

そうすることで、自らの限界を超えて考えるようになり、徹底して脳をフル回転させ自分の中の厳しさが増していきます。

 

4.失敗からの徹底した反省

 Lフィードバック・フィードバック・フィードバック!

絶対に人は過ちを犯します。その際に次に絶対にその問題を起こさないようにフィードバックを徹底することが肝だと思っております。

この際に何が失敗の要因だったのかを徹底して一緒に考えるようにしております。 

 

5.怒り方と褒め方

 L理不尽な怒りを留め、気づきを与える

例えばですが、エクセルの計算式の間違い等何度言っても間違える方はおりますよね。(この程度の問題なら問題とは言えないかもしれませんが)

そんな方に怒りが込み上がってきて、つい激昂してしまう時があるかもしれません。

しかしながら、怒られたところで怒られた当人は間違いの根本原因が分からないので、理不尽に怒られているとしか思えません。

そこで、問題の原因となる気づきを与えて、問題の根本を断つべきだと思っております。

 L怒る場とタイミングを考える

仮に怒るという選択肢を取る場合でも 、相手のプライド保つ場を意識します。

 L褒めるときは本気で褒める

逆に褒めるときは多くの人がいる場で、しっかりと伝えてあげます。

 

6.育てる当人の成長

 L育成者側の成長

 周りを見ているという事は、反面として、常に周りから見られているという事を指しております。部下や後輩は、常に対峙している方を見ているわけで部下の成長に遅れて、自分の成長が止まってしまうと部下のモチベーションは下がり、組織に対しての面白みを失うと思います。なので、育てる当人の成長も重要であると毎日感じております。

 

人を育てるというのは本当に難しい。。。色々と育成の本でも読もう。。。

リーダーポジションを崩す「マイナビ」の面白さ

国内トップの情報メディア企業の「リクルート」の創業事業である新卒採用事業リクナビ」が現在「マイナビ」にそのポジションを脅かされている。

f:id:hikaru19891122:20160526102900j:plain

 

上の画像にある様に企業掲載数No.1を獲得したのは記憶にも新しく、私としては衝撃的であった。

この人材業においてクライアント掲載数No.1の座というのは非常に大きい意味を成す。

B2C型のリボン図モデルのKSF(KFS)といえば、カスタマー数の最大化とクライアントの最大化によるDB構築とその最適マッチングである。

そのクライアント側を奪われたリクルートとしては、対クライアント側に後塵を拝したわけで、ここ数年は正念場である。

(断りを入れるが、私のポジションは、リクルートを応援する側である)

リクルートのリボン図については、リクルートマーケティングパートナーズ須藤氏を参照していただきたい。

リクルートのリボン図が通用しなくなる理由|【勝手に未来想像シンクタンク】|note

 

マイナビの面白さとは?

私が考えるマイナビの面白さとは、ポーターの戦略論を逆に取った戦い方でここまで上り詰めてきたことである。

・チャレンジャーポジションが繰り出す同質化戦略の気持ち悪さ

言ってしまうとこれに尽きる。マイナビの全事業

マイナビブランド | マイナビについて | マイナビ

)を見ていただくと、マイナビにある事業は全て、リクルートが有する事業

グループ企業一覧 | リクルートホールディングス - Recruit Holdings

)なのである。全てのビジネスモデルはリクルートと同じで、戦術的な部分で差別化を図るという実に斬新なものである。

通常は、チャレンジャーが差別化戦略をとり、リーダーポジションがそれに対して同質化戦略を図り市場が形成されていくのであるが、マイナビの場合は徹底した模倣力と実行力でここまで成長を果たしてきた。

後発で市場が構成された状態で勝負を仕掛け、ここまで売上を伸ばしてきたマイナビの功績は大きいと思う。この競争自体は素晴らしい事で、市場を活性化させただけでなく、カスタマーとクライアントにとってより良い選択が出来る状態を作ったということで賛美賞賛ものである。

 

いつまで同質化戦略を取るのか?

しかしながら、リクルートが新規事業と海外展望を睨む中、いつまでマイナビはその同質化戦略に固執するのか。リクルートがリボン図という呪縛にかられているようにマイナビもその呪縛から逃れられない訳で、「マイナビ」は近々IPOも視野に入っているとの噂もあるが、まさに踊り場である。

ユニコーンという幻獣は米国産駒だけではない!EU産駒のユニコーン12体まとめ!

昨日はマーケットハックでこんな記事がありましたね。

アメリカ版「小保方モーメント」 ジョブズの再来と呼ばれるスタンフォードを中退した女性起業家、エリザベス・ホルムズに漂う胡散臭さ - Market Hack

それにしても、ぐずぐずしてIPOしない企業を「ユニコーンだ!」とか何とか言ってありがたがるクソな風潮に、今のアメリカは毒されている。
インベストメント・バンカー的に言えば、いつまでたってもIPOできない企業は、どこか問題を孕んでいる場合が多い。
ウーバーやエアB&Bも、法務リスクが大きすぎるからIPOできないのであって、年増のOL同様、「勝ち組」はいつの日か「負け犬」に評価が変わる日が来るものだ。

 

 

f:id:hikaru19891122:20151031192916j:plain

*出典,引用:13 European tech companies became 'unicorns' in the last year

まーそんなわけでユニコーンというドラゴンクエスト6でいうと幻の大地的な感じの物かもしれないとされているわけでございますが、本日はEU圏でユニコーン企業価値時価総額が1250億円以上の企業を指す)と呼ばれているお馬さん(?)をまとめました。(ドラクエ6の最初のムドーはなかなか手ごわかったね)

*平成っ子は分からないから、ポケモンで言うと、ユニコーンは伝説のポケモンのケツバン的な存在だね!って理解でおk。

*今回は詳細なサービス、ビジネスモデルの紹介はしませんのでご了承ください。 

adyen (時価総額:$2.3bn)

f:id:hikaru19891122:20151031193802p:plain

 Adyen(アジェン)は、アムステルダムとサンフランシスコに本社を置き、北米、南米、欧州、アジアにオフィスを構えている決済サービスです。国ごとにレギュレーションが異なる決済手段を気にせず使用できることで、いわゆる統合決済システムを提供しております。

*詳細は下記を御覧ください。

カードセキュリティPCI DSS « ペイメントナビ - カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

Adyen、世界的な決済プラットフォームの成長加速に向けて2億5000万ドルを資金調達 | Business Wire

 

 

blablacar時価総額:$1.5bn)

f:id:hikaru19891122:20151031194024j:plain

BlaBlaCarは、ヨーロッパ国内を移動する現地の方の車に、事前に連絡をして有料で乗せてもらう、ウェブ上でヒッチハイクのようなことができるサービスです。 

立ち位置的には、Lyftとかそういうたぐいに似ておりますね。

 

*詳細は下記を御覧ください。

http://blog.compathy.net/2014/01/16/what-is-blablacar/

http://nge.jp/2014/07/14/post-1902

deliveryhero時価総額:$3.1bn)

f:id:hikaru19891122:20151031194147p:plain

世界でも有名なドイツのベンチャーキャピタルロケットインターネットが出資する、オンラインデリバリーサービスです。

徹底したロケットインターネットの模倣性はもはや尊敬に値しております。

 

*詳細は下記を御覧ください。

http://startup.thechanoma.com/companies/Delivery%20Hero

 

Delivery Hero | Agri in Asia

fanduel時価総額:$1.5bn)

f:id:hikaru19891122:20151031194221j:plain

Googleからも資金調達を実施し勢いにのっているサービスです。

「ファンタジー・スポーツ」とは実在のスポーツ選手を組み合わせて架空のチームを編成し、勝敗成績をポイント化して試合を行うシミュレーションゲームとのことです。

ギャンブル性もあるそうで、サッカーのスタック導入やソーシャルゲームの成長という2つの背景をもって、さらに勢いを増しそうですね。

 

 *詳細は下記を御覧ください。

http://forbesjapan.com/translation/post_6968.html?doing_wp_cron=1446291370.9328110218048095703125

アジアで次にくるらしい巨額のビッグトレンド「eスポーツ」とは? - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

farfetch時価総額:$1.0bn)

f:id:hikaru19891122:20151031194401p:plain

昨年の年末にIVが出資して日本にも参入をはたしたFARTETCH。

ラグジュアリーブランド1500種類からセレクトした製品を販売しているECサービスです。Amazon等のショップとは一線を画しており、ブランド感が演出されております。

 

*詳細は下記を御覧ください。 

http://logmi.jp/26743

日本だけじゃない!セールは世界中でやっているFarfetch!

インフィニティ・ベンチャーズ 世界を席巻するファッションEC「FARFETCH」と日本法人を共同設立|インフィニティ・ベンチャーズLLPのプレスリリース

fundingcircle時価総額:$1.0bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200805p:plain

 

 従来の個人対個人のソーシャルレンディングと異なり、Funding Circleはスモールビジネスへの融資に特化したサービスです。

 

*詳細は下記を御覧ください。

http://japan.zdnet.com/article/35002147/

http://jp.forexmagnates.com/2015/08/31/%E9%87%91%E8%9E%8D-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC/22087

home24時価総額:$1.0bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200733j:plain

こちらもロケットインターネットの投資先で、ベルリン拠点の家具販売サービスをしております。 

*詳細は下記を御覧ください。

http://www.de.furnitureyo.com/ja/home24-gmbh-18.html

powa時価総額:$2.7bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200705j:plain

 小売り流通業界における効率的な運用管理システムを開発するテクノロジー企業。主に、小売り事業者とお客様のコンタクトポイントとなる「店舗でのPOSレジ」と「ECサイト構築プラットフォーム」を提供し、安定した業績基盤を確立しております。

*詳細は下記を御覧ください。

Powa Technologies ∙ commercial freedom

英国テクノロジー企業「Powa Technology Ltd.」とは? - NAVER まとめ

 ⑨shazam時価総額:$1.0bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200510j:plain

 日本でも多くのユーザーが使われております音楽検索アプリです。なんと今ではユーザー数は1億人を突破しているとのことです。

*詳細は下記を御覧ください。

http://applision.com/music/24886/

世界一使われる音楽認識アプリ「Shazam」、いつの間にかもっと便利になっていた : ギズモード・ジャパン

skrill時価総額:$1.2bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200447p:plain

Skrill(スクリル)とは、Moneybookers Ltd.という英国の会社が提供する資金移動サービスです。

 

 *詳細は下記を御覧ください。

電子決済サービスSkrillの歴史 - Skrill登録からはじまる海外FX、オンラインカジノ

transferwise時価総額:$1.0bn)

f:id:hikaru19891122:20151031200421p:plain 

Transferwiseとは、London生まれのP2P送金サービスです。

EU圏は、決済系のサービスが非常に多いですね。

*詳細は下記を御覧ください。

為替手数料ゼロ?!常識をくつがえした海外送金サービス「TransferWise」/海外ECサイト事例に学ぶ、売上アップのノウハウ | 株式会社ネットコンシェルジェ

C2Cの未来:海外送金サービスとその展望(TransferWiseの事例) - 未来に生き、欠けているものを創る

ve時価総額:)

f:id:hikaru19891122:20151031200400p:plain

 2014年から日本でも営業を開始サービスで、ECサイトのサポートツールです。

 

*詳細は下記を御覧ください。

オンライン顧客を逃さないVePlatformが日本でのサービス提供を開始 | マイナビニュース

CV改善サービスのVe Interactive、「Yahoo!タグマネージャー」「Google タグマネージャ」の認定ベンダーに | ネットショップ担当者フォーラム

http://www.veinteractive.com/jp/vejapan/

 

いかがでしたでしょうか。

ヨーロッパ大陸の幻獣たちは幻のまま消えてしまうのか、はたまた現実のものとなり姿を表わすのでしょうか。今後が楽しみなサービスもあるので、ぜひ頑張っていただきたいものです。

どうでもいいですが、歴史を振り返るとマークアンドリーセン率いるネットスケープみたいに米国上場して消えてしまった幻獣もいましたね!!

先週のM&Aトピック(10/19-10/25)

クリエアナブキ、人材派遣業のミウラチャレンディを買収へ

[買収額:2千万円]

http://www.crie.co.jp/ir/pdf.php?id=188

 

②メドピア、クラウド型診療プラットフォームを提供するクリカル・プラットフォームに資本参加へ

[投資額:不明]

 

電通、インドのマーケティング会社 Fountainhead Entertainmentを買収へ

[買収額:不明]

アクティベーション領域に強みを持つインドのマーケティング会社「ファウンテンヘッド社」の株式90%取得で合意 - ニュースリリース一覧 - ニュース - 電通

 

電通、コミュニケーションサービス提供の仏ゾーンフランシェ買収へ

[買収額:不明]

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1292526

 

電通ビッグデータ分析プラットフォーム提供の米センサイヘ資本参加へ

[投資額:不明]

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1292392

 

乃村工藝社、チェーン店舗設計のスクエアを買収、完全子会社へ

[買収額:不明]

http://www.nomurakougei.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/10/54cb549da4b088566a238fe4ba25c40f.pdf

 

先週のM&Aトピック(10/12-10/18)

先週休んでしまいましたので、本日先々週分を上げます。

アルピコホールディングスマツヤTOBで買収へ

[買収額:1,458 百万円 ]

http://www.daiwair.co.jp/CIB/7452/press/2015/pdf/p_20151009_02.pdf

 

東芝メディカルシステムズ、仏の医療画像処理ソフトウエアメーカ オレア メディカル社を買収

買収額:不明

東芝メディカルシステムズ株式会社|2015.10.13

 

ソフトバンクサイバー攻撃対策プラットフォームを提供する米のCybereasonに資本参加

[投資額:5,900万$]

AIを利用したサイバー攻撃対策プラットフォームを提供するCybereasonへ、ソフトバンク主導で総額5,900万米ドルを出資 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

 

④イオン、スーパーマーケット運営の清水商事(新潟県)を買収

[買収額:不明]

http://www.aeon.info/news/2015_2/pdf/151014R_2.pdf

 

電通、ブラジルのモバイルマーケティング・エージェンシー ポントモビ社を買収

[買収額:不明]

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/1015-006270.html

 

ポケモン、米ゲーム会社のNianticに資本参加へ

[投資額:2,000万$]

プレスリリース | 株式会社ポケモン

 

オリックス、宅配天然水製造・販売のコスモライフを買収

[買収額:不明]

オリックス│ニュースリリース│宅配天然水製造・販売大手のコスモライフへ投資

CDiパートナー勉強会まとめ

昨日CDiパートナーの勉強会に参加してきたので、そのまとめを掲載します。
 

占部様 15:00 @スローガン

CDIの紹介
 
メソッドの考え方
     ・事業経済性の重要性
        ・戦略立案の基本フレームワーク(3Cにはない経済性が入っている)
                   市場分析+競合分析+経済性分析
                                      ↓
                                  一般解
                                      ↓←自社の経営資源
                                  固有解
 
                       経済性は数字で語るので、嘘はつけない。
                       What kind of business are you in?
                        儲けの構造から見た事業の分析。
                    KSF←顧客特性(ニッチ・マス、ロイヤリティ)・業界特性(流通構造、競争密度、競争の激しさ、参入撤退)・商品特性(スイッチングコスト、高額低額、産業財VS消費財、カスタマイズ製品VS標準品)
                     □経済性の見方
                           (1)コスト構造
                             何が付加価値となる事業かが分かる
                                 業界別コスト構造
                             *業界ごとに異なる。お客さんが何にお金を払っているか分かる。
                           (2)-1規模が効くのかが分かる
                                 分散型事業VS規模型事業
                                      分散型のビジネスは、共有コストが低い。
                                          サービス系企業に多い。規模の不経済が働く。管理コストや店舗品質が悪化するなどがある。→スクラップ&ビルド
                                           PL管理を徹底する。
                                       規模難事業。先行投資をするのが必須。
                             スケールメリット疑え。
                            (2)-2規模効果の色々
                                  □規模の経済性 
                                 規模拡大→固定費の分配共有化
                                  仕入れ効果
                                  学習曲線
 
                                  *規模効果は時代ごとによって移り変わる。
                                  ネットEC VSヤマダ電機。バイイングバワーを中間マージンがないにしろ勝てない場合が多々。最初のバイイングパワーがネットECだと働かない。
                                  □密度の経済性
                                  ・ネットワーク事業:顧客密度
                                  ・CVS:配送者の稼働率
                                  □ネットワーク経済性
                                  ・ネットワークオペレーション:でかいことが利便性を最大ということ
                                  ・みんながでかい所にいくと、更にでかくなるというサイクル
 
                          分散型)街の飲食店→(1)規模型(ファミリーレストランチェーン)→(2)(差別化)ファミリーレストランの多業態化(差別化)
                                   (1)
                                   仕入れの集中化による大規模なコスト差別化
                                  セントラルキッチン
                                  店舗・オペレーションの統一のよる効率化
                                    (2)
                                  顧客セグメントの細分化
                                  セグメント毎のサービス高付加価値化
             ・LTVで考える
                  一定期間の投資回収ビジネスで考える
                   ①一回の単価を上げる
                   ②契約期間を伸ばす
                   ③顧客維持コスト下げる
                   ④顧客獲得コスト下げる
                  キャッシュフローのイメージ
 
□実践で見る活用方法 中古車ECのケース
           ・新規事業の検討
           プレ分析から中古車への絞込み
             →相対的魅力度
             →仮説

先週のM&Aトピック(10/5-10/11)

M&Aニュース

今回は、先週のM&Aを紹介する前に、マーケット全体のニュースをご紹介。

 

f:id:hikaru19891122:20151012151143j:plain

金融調査会社トムソン・ロイターの集計によると、年初から直近までの世界の企業によるM&A総額は3兆4000億ドル(約408兆円)近い。

とのことです。

詳しくは下記を御覧ください。

15年の世界M&A、最高ペース 大型案件が増加 :日本経済新聞

 

第一三共、化粧品通販会社のアイムを買収[買収金額:不明]

株式会社アイムの株式取得に関するお知らせ - ニュースリリース - 第一三共株式会社

 

②損保ジャパン日本興亜ホールディングス、ワタミの介護事業を買収[買収金額:210億円]

http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1289227&code=7522&ln=ja&disp=simple

 

③ブイキューブ、教育プラットフォームを提供するシンガポールのWizlearn Technologiesを買収[買収金額:16.8億円]

ブイキューブ、シンガポール最大手のEduTechカンパニー「Wizlearn Technologies」社の買収に関するお知らせ | ブイキューブ|Web会議・テレビ会議(TV会議)のクラウドサービス

 

東洋鋼鈑、富士テクニカ宮津TOBで買収[買収金額:85億円]

http://www.toyokohan.co.jp/ja/ir/download/topics151006.pdf

 

大塚製薬、スペイン大手の健康・機能性食品会社 BICENTURY 社を買収[買収金額:不明]

 

スペイン大手の健康・機能性食品会社 BICENTURY 社を買収 |大塚製薬

 

⑥SMS、アジア・オセアニア地域で医薬情報サービス事業を展開するMIMSグループの買収[買収金額:300億円]

アジア・オセアニア地域で医薬情報サービス事業を展開するMIMSグループの買収 | 株式会社エス・エム・エス SMS CO., LTD.

 

SONY、距離画像センサー技術を保有するベルギーの Softkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)を買収[買収金額:不明]

Sony Japan | ニュースリリース | 距離画像センサー技術を保有するベルギーのソフトキネティックシステムズ社を買収