山田の日記

外資系消費財メーカーから情報サービス系企業に身を移し平民として働いてる中の人のブログ

あなたの知らない(僕も知らない)市場について調べるVol.1(製氷機市場)

ふと休日に街を歩いていると気になることが沢山ある。

あの道路標識はどこが作っているのだろうとか、チェーン店のコップって実はシェアがどうなっているのか等沢山気になることがある。そんな気になる市場をこれからこのブログでまとめたいと思う。

今日はそんな自分の気になった市場の「製氷機」市場について調べてみた。

調べると面白いことに「製氷機」市場はある日本の会社が全世界でシェアNo1で、国内シェアではなんと70%を取っていたのである。その会社は、1947年創業のホシザキグループという上場会社であった。

ホシザキグループ全体の昨年期末の売上は2,300億円程度で、製氷機の売上は400億円という規模となっている。現在も年々成長を続けており、M&Aや海外拡販等非常に野心的な企業であった。

製氷機一体あたりの金額は20万円程度で、製品販売、アフターサポートによって収益を得ている。

 

また、関係会社としてドトールワタミ吉野家といった飲食店会社が営業取引強化の為に、ホシザキグループの株式を保有している。

今季には業務用冷蔵庫でも販売台数世界No1獲得見込みのようで、海外比率も30%程度で、今後も世界の飲食店の台所市場をホシザキグループは狙っていくのである。

 

普段何気なく使っているものが世界でトップを取っていたりと意外な会社が以外な所で活躍しているものである。ニッチな市場で活躍する会社を今後も見ていきたいと思う。

 

なお、財務分析、ビジネスモデル、バリューチェーンの視点から当社を見ていないが、

気になる方は、下記の業績レポートなどを見てもらえればと思う。

 

□参考までに

https://www.bridge-salon.jp/tekiji/upload/6465_00022277.pdf

(6465:東証1部,名証1部) ホシザキ電機 2014年12月期業績レポート | 株予報コラム

http://www.hoshizaki.co.jp/topics/150918.pdf

http://www.hoshizaki.co.jp/topics/150811.pdf

http://www.hoshizaki.co.jp/topics/150327.pdf