読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田の日記

外資系消費財メーカーから情報サービス系企業に身を移し平民として働いてる中の人のブログ

CDiパートナー勉強会まとめ

昨日CDiパートナーの勉強会に参加してきたので、そのまとめを掲載します。
 

占部様 15:00 @スローガン

CDIの紹介
 
メソッドの考え方
     ・事業経済性の重要性
        ・戦略立案の基本フレームワーク(3Cにはない経済性が入っている)
                   市場分析+競合分析+経済性分析
                                      ↓
                                  一般解
                                      ↓←自社の経営資源
                                  固有解
 
                       経済性は数字で語るので、嘘はつけない。
                       What kind of business are you in?
                        儲けの構造から見た事業の分析。
                    KSF←顧客特性(ニッチ・マス、ロイヤリティ)・業界特性(流通構造、競争密度、競争の激しさ、参入撤退)・商品特性(スイッチングコスト、高額低額、産業財VS消費財、カスタマイズ製品VS標準品)
                     □経済性の見方
                           (1)コスト構造
                             何が付加価値となる事業かが分かる
                                 業界別コスト構造
                             *業界ごとに異なる。お客さんが何にお金を払っているか分かる。
                           (2)-1規模が効くのかが分かる
                                 分散型事業VS規模型事業
                                      分散型のビジネスは、共有コストが低い。
                                          サービス系企業に多い。規模の不経済が働く。管理コストや店舗品質が悪化するなどがある。→スクラップ&ビルド
                                           PL管理を徹底する。
                                       規模難事業。先行投資をするのが必須。
                             スケールメリット疑え。
                            (2)-2規模効果の色々
                                  □規模の経済性 
                                 規模拡大→固定費の分配共有化
                                  仕入れ効果
                                  学習曲線
 
                                  *規模効果は時代ごとによって移り変わる。
                                  ネットEC VSヤマダ電機。バイイングバワーを中間マージンがないにしろ勝てない場合が多々。最初のバイイングパワーがネットECだと働かない。
                                  □密度の経済性
                                  ・ネットワーク事業:顧客密度
                                  ・CVS:配送者の稼働率
                                  □ネットワーク経済性
                                  ・ネットワークオペレーション:でかいことが利便性を最大ということ
                                  ・みんながでかい所にいくと、更にでかくなるというサイクル
 
                          分散型)街の飲食店→(1)規模型(ファミリーレストランチェーン)→(2)(差別化)ファミリーレストランの多業態化(差別化)
                                   (1)
                                   仕入れの集中化による大規模なコスト差別化
                                  セントラルキッチン
                                  店舗・オペレーションの統一のよる効率化
                                    (2)
                                  顧客セグメントの細分化
                                  セグメント毎のサービス高付加価値化
             ・LTVで考える
                  一定期間の投資回収ビジネスで考える
                   ①一回の単価を上げる
                   ②契約期間を伸ばす
                   ③顧客維持コスト下げる
                   ④顧客獲得コスト下げる
                  キャッシュフローのイメージ
 
□実践で見る活用方法 中古車ECのケース
           ・新規事業の検討
           プレ分析から中古車への絞込み
             →相対的魅力度
             →仮説